プロードバンドのズバリ解説は、当社にお任せ。

 

さらにこの時期までの市民運動のリーダーシップの特徴は、前述したように政党の介入のほかに、戦後民主主義の啓蒙的知識人を担い手としていた。そしてこうしたリーダーシップを前提にして、組織論的には、新安保以降のいわゆる条約反対運動に典型的にみられるように職業人として、あるいは団体の職能として「市民的抵抗」をおこなう脱イデオロギーの国民運動として展開した。運動の第二の時期は、日米安保条約やベトナム戦争、高度経済成長による地域生活のさまざまな問題が生じた六0年代以降である。この六0年代は、市民運動が政党やイデオロギーから自立するということ(いわゆる「無党派」の運動)に市民運動のヲ』だわりと苦闘が示されることとなる。

アメリカ=ビジネスの帝国それでは、これはアメリカに「植民地帝国の性質」が残っていることを意味するのか、その問いには、「N」というほかないでしょう。実質的には海外に植民地はないのです。ただし、アメリカのその潜在的な力については、のグローバルな影響力を考えたときに考慮に入れなければならないでしょう。安い労働力によって利益が搾取されるアメリカは、労働力の面でも「植民地帝国」と似たような恩恵を得ています。安い労働力が、二つの方法でアメリカに利益をもたらしているのです。一つはアメリヵヘの移民です。合法的であれ非合法であれ、アメリカ国内の労働力の供給を拡大し、国内の賃金を押さえつけることになります。非合法の移民はおもにメキシコとテンアメリカからやってきます。

いそんなボクの様子を、母から雛綜を受けていた高木先(たかぎ)生は、居てJも立っていられなくていあんなったという。そして、クスのみんなに「みんなで乙武に手(おとたけ)紙でJ心)書かないか」、と提案したところ、まったく予期せぬ答えが返ってきた。「先生、ボクはゑんなにノートを回して、寄(よ)せ書きを書いてもらっています」つるおわたしわたし「私たちは、今、鶴を折ってるんです。私たちふたりで蒋邪薦をあげるの」わたしきのうおとたけかしとど「私は昨日、乙武くんの家に、お菓子を届けてきました。病院で食べてJもらおう、と思って」第部車椅子の王様ふんなの気持ち。その後の入院生活の支(ささ)えとなった。かがみうっ術後(ばつし)(す)(じゆつご)、ヵ月が過ぎた。

しかも、どんな状況でも決して手を抜かない。たとえ、どしゃぶりの雨のなかでも、演説の量を変えないのである。羽田は、聴衆たちを軒下に入れ、自分は外で傘をさしながら演説する。横なぐりの雨で羽田のスーツはぴしょぬれである。それでいて、懸命に演説するのである。候補者として、横で演説を聞いている北沢は、思った。これが羽田孜のスタイルなんだ。どんなところでも、どんな状況でも、絶対に手を抜かない。いつも懸命になっている。この姿勢が、今日の羽田さんをつくりあげたんだ〉北沢は、この選挙でみごとトップ当選をはたした。参議院議員となった北沢は、今回、竹下派の分裂騒ぎが起こるや、さっそく羽田のもとに駆けつけた。「これ以上の混乱を避けるには